UMAKA(うまか)の口コミ・評判は?ドッグフードの安全性や成分・涙やけへの効果も解説!

博多水たきの専門店が、わんちゃんの長生きと健康のために開発したドッグフードUMAKA(うまか)

厳選した国産の新鮮素材をメインに使用しており、「ヒューマングレードを超える品質」をコンセプトに掲げています。愛犬に与えてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、UMAKA(うまか)の口コミや評判、メリット・デメリットについて詳しく解説します。気になる安全性や栄養成分、涙やけへの効果も併せて取り上げるので、UMAKA(うまか)に興味を持っている飼い主さんは、ぜひ参考にしてください。

ドッグフードおすすめランキング

  • OBREMO(オブレモ)

    厳しい審査基準のもとに国内生産されるヒューマングレードのドッグフード。高タンパク・低脂質で愛犬の健康をサポートします。

    評価
    初回料金3,140円〜(税込)
    特典定期便35%OFF

    九州産の地鶏や国産野菜をはじめ、かつお出汁にまでこだわり、健康と美味しいを実現。家族と愛犬が同じ食卓を囲む姿をイメージして作り出されたドッグフードです。

  • ネルソンズドッグフード

    ネルソンズはイギリス国内で累計100万袋突破した中型犬・大型犬専用のドッグフードです。美味しさとコスパに優れており続けやすいと人気があります。

    評価
    初回料金6,864円(税込)
    特典最大20%OFF

    ヒューマングレード・原材料の50%がお肉と犬の本来必要な食事のバランスに基づいており「理想のフード」と評判が高いです。

  • このこのごはん

    このこのご飯は健康サポートに特化したやさしく美味しい小型向けドッグフード。人間も食べられるほど安全性にこだわっています。

    評価
    初回料金3,278円(税込)
    特典初回送料無料・15%OFF

    タンパク質たっぷりなのに低カロリーな鶏ささみを配合。不足しがちな栄養素をバランスよく配合しておりSNSでも話題のドッグフードです。

UMAKA(うまか)ドッグフードの口コミ・評判を紹介!

「愛犬には本当に良いものを与えたい!」

このように考えている飼い主さんにとって、実際に購入した人たちのリアルな声は重要な判断材料になるでしょう。

国産無添加で栄養バランスも良く、獣医師からも評価されているUMAKA(うまか)ですが、良い口コミ・評判もあれば悪い口コミ・評判も寄せられています。

それぞれから3つずつ紹介するので、ドッグフード選びの参考にしてください。

UMAKA(うまか)の悪い口コミ・評判

UMAKA(うまか)に寄せられた悪い口コミ・評判はこちらです。

タンパク質含有量が少なく炭水化物量が多いので太りやすいです。コノコノゴハン、ミシュワン等鰹出汁の香りのする小判型の商品は同傾向にあるようです。活動量的なワンちゃんにはタンパク質量の多い海外産フードの方が向いているかと思います。このフードを与える場合、所定の給餌量より若干減らし茹でた鶏肉等をトッピングしてあげると良いかと思います。
あと、¥3,000/㌔超えは高すぎです。
引用元:Amazon

UMAKA(うまか)の良い口コミ・評判

UMAKA(うまか)に寄せられた良い口コミ・評判はこちらです。

ドッグフードの食べムラがひどく、うまかをはじめ口コミ評価の高いフードを色々試しました。結局うまかの食いつきが1番よかったと感じています。もちろん食べムラはありますが、とにかくいいうんちしています。
引用元:Amazon

UMAKA(うまか)の口コミ・評判まとめ

UMAKA(うまか)に寄せられた口コミは、全体的に見て良いものが多い印象です。Amazonでも星評価4.1を記録しているので、信頼できるドッグフードだと考えてよいでしょう。

特に、ドッグフードの香りが美味しそうで、わんちゃんの食いつきがいいという口コミが多く見られました。

「愛犬がなかなかドッグフードを食べなくて困っている」という方は、UMAKA(うまか)を試してみてはいかがでしょうか。

一方で、タンパク質の含有量が少ない、という口コミも見られたので、成長期や運動量の多いわんちゃんに与えるには検討が必要でしょう。

口コミにもあった通り、トッピングで茹でた鶏肉を加える、などのアレンジをしてあげるのもおすすめです。

\初回限定40%OFFの特別価格!/

うまかを最安で試す

UMAKA(うまか)の口コミ・基本情報から安全性を分析!

ドッグフードを選ぶうえで気になるのが「安全性」ですよね。UMAKA(うまか)は本当に安全なドッグフードだといえるのでしょうか?

ここでは、原材料や栄養成分などの基本情報からUMAKA(うまか)の安全性を分析します。それぞれを詳しく見ていきましょう。

UMAKA(うまか)ドッグフードの原材料

UMAKA(うまか)の原材料を全て以下の表にまとめました。

原材料
鶏肉、大麦、玄米、かつお節、大豆、ビール酵母、チキンエキス、米油、卵黄粉末、発酵調味液、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、かぼちゃ、昆布、しいたけ、コンドロイチン、セレン酵母、しょうが、ビフィズス菌、グルコサミン、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)

使われている動物性タンパク源は、低カロリー・高タンパクの鶏肉のみです。

さまざまな種類の肉が混ざっていると、その分アレルギーを引き起こしやすくなります。UMAKA(うまか)に含まれているのは鶏肉だけなので、鶏肉アレルギーのわんちゃん以外には安心して与えられるでしょう。

また、着色料や保存料、酸化防止剤など、わんちゃんの体に良くない添加物も含まれていません

「L-トレオニン」が聞き慣れない原料だと感じる方もいるかもしれませんが、トレオニンはアミノ酸の一種です。刺激性や毒性のない安全性が高い原料なので、体に悪い影響はありません。

UMAKA(うまか)ドッグフードの栄養成分

つづいては、UMAKA(うまか)の栄養成分について見ていきましょう。

エネルギー 350cal/100g
タンパク質 21.4%以上
脂質 9.5%以上
粗繊維 0.8%以下
灰分 6.8%以下
水分 10.0%以下

ドッグフードのエネルギー量の平均値は360cal/100g、平均脂質量は13%〜15%だといわれているので、UMAKA(うまか)は低カロリー・低脂質なドッグフードだといえるでしょう。ダイエット中のわんちゃんにもおすすめです。

一方で、ドッグフードのタンパク質量の平均値は25%前後なので、それに比べると、UMAKA(うまか)のタンパク質量は少ない傾向にあります。運動量の多いわんちゃんには向かないかもしれませんね。

灰分・水分の値は適正範囲内に収まっています。

UMAKA(うまか)ドッグフードの安全性

UMAKA(うまか)は、福岡県にあるアドックどうぶつクリニックの院長・田中克明先生も高く評価しているドッグフードです。特に、国産無添加でありながらベストな栄養バランスを保っている点が支持されています。

また、国産銘柄鶏である九州産華味鳥を主原料に使用しているので、原産地やブランドが明確で安心です。

鶏肉以外の原産地は詳しく記載されていませんが、総じて、必要な栄養素をバランスよく含んだ安全性の高いドッグフードだといえるでしょう。

\初回限定40%OFFの特別価格!/

うまかを最安で試す

UMAKA(うまか)ドッグフードの口コミからわかったメリット・デメリット

口コミや公式サイトの情報を見ると、UMAKA(うまか)にはメリット・デメリットの両方が存在すると分かります。

それぞれを把握したうえで、愛犬に与えるかどうかを判断してください。

UMAKA(うまか)ドッグフードのメリット8 つ

それではまず、愛犬にUMAKA(うまか)を与えるメリットから紹介していきます。

主なメリットは以下の8つです。

  1. 国産のヒューマングレードの原材料を使用している
  2. 銘柄鶏「九州産華味鳥」を100%使用している
  3. 必要な穀物のみを配合している
  4. 小麦グルテンフリーである
  5. オイルコーティングがされていない
  6. 着色料・保存料などが無添加である
  7. ビフィズス菌とオリゴ糖を配合している
  8. グルコサミンとコンドロイチンを配合している

それぞれを詳しく解説していきます。

1.国産のヒューマングレードの原材料を使用している

UMAKA(うまか)は、人間でも美味しく食べられる、ヒューマングレードの新鮮な素材から作られています。そして、その素材のほとんどが国産です。

衛生面・品質面で信頼できるので、大切な愛犬にも安心して与え続けられるドッグフードだといえるでしょう。

2.九州産華味鳥を100%使用している

UMAKA(うまか)は動物タンパク源として鶏肉を使用していますが、その鶏肉は100%「九州産華味鳥」です。

華味鳥とは、澄んだ空気の中、たっぷりと陽光を浴びながら丁寧に育てられた銘柄鶏で、日本食鳥協会に認定されています。

その華味鳥のみずみずしい美味しさがUMAKA(うまか)にも生かされているので、わんちゃんの食いつきも期待できるでしょう。

3.必要な穀物のみ配合している

UMAKA(うまか)は、完全にグレインフリーなドッグフードではなく、犬が必要とする栄養素が含まれる穀物のみを配合しています。

穀物はわんちゃんが消化・吸収しづらい食材であるため、「ドッグフードはグレインフリーを選ぶべきだ」という考え方が多く見られるようになりました。

ですが一方で、グレインフリーのドッグフードと心臓病が関連しているという意見もあります。

UMAKA(うまか)なら必要な穀物のみを摂取できるので、わんちゃんの健康にも良いといえるでしょう。

4.小麦グルテンフリーである

UMAKA(うまか)には、小麦グルテンが使用されていません

犬の祖先は肉食の狼であるため、犬は小麦グルテンを消化しづらい体質です。小麦グルテンを摂取しすぎると、下痢を起こしてしまうわんちゃんもいるでしょう。

また、小麦グルテンはアレルギー源になりやすい栄養素でもあります。

UMAKA(うまか)には小麦グルテンが含まれていないので、アレルギーに配慮された体にやさしいドッグフードだといえるでしょう。

5.オイルコーディングがされていない

UMAKA(うまか)のドッグフードの粒はオイルコーティングがされていません

オイルコーディングとは、ドッグフードの表面に油脂を吹きかけ、表面をオイルで覆う製造工程のことです。

油脂は匂いが強いので、わんちゃんの食欲を刺激するというメリットがあります。

ただ、オイルの酸化を防ぐために酸化防止剤が使われている場合が多いので、体への影響が懸念されるでしょう。

その点、UMAKA(うまか)はノンオイルコーティングであるため、大切な愛犬にも安心して与えられます。

6.着色料・保存料などが無添加である

UMAKA(うまか)は、着色料や保存料、防腐剤や香料など、わんちゃんの体に悪影響を及ぼす可能性がある添加物を一切使用していません。

厳選した高品質な原材料を使用しているため、素材本来の味や匂いだけでわんちゃんの食欲をそそります。美味しく安心・安全に食事を楽しめるでしょう。

7.ビフィズス菌とオリゴ糖を配合している

UMAKA(うまか)には、ビフィズス菌とオリゴ糖が配合されています。

ビフィズス菌とオリゴ糖を摂取すると善玉菌が増えるので、継続してUMAKA(うまか)を食べていれば、わんちゃんの腸内環境も整っていくでしょう。

愛犬の便通や便臭が気になる飼い主さんにもおすすめできるドッグフードです。

8.グルコサミンとコンドロイチン配合している

グルコサミンとコンドロイチンが配合されているのもUMAKA(うまか)の特徴です。

グルコサミンやコンドロイチンには、代謝を高めたり軟骨の主成分を作り出したりする働きがあり、足腰の健康をサポートします。

足が短くて足腰に負担がかかりやすいダックスフンドや、関節が弱ってくるシニア期のわんちゃんに、特におすすめできるドッグフードだといえるでしょう。

UMAKA(うまか)ドッグフードのデメリット4つ

次に、口コミから分かったUMAKA(うまか)のデメリットを紹介します。

愛犬の状態によっては、毎日の食事としてUMAKA(うまか)が適切ではない可能性もあるので、しっかりと把握しておきましょう。

デメリットは以下の4つです。

  1. 値段が高いという声もあった
  2. 通販サイトでしか取り扱っていない
  3. 子犬や運動量が多いわんちゃんには向かない
  4. 鶏肉・穀物アレルギーには注意が必要である

それぞれを詳しく解説していきます。

1.値段が高いという声もあった

Amazonのレビュー欄には、「UMAKAは値段が高い」という口コミもいくつか見られました。

実際の口コミはこちらです。

11ヶ月のポメちゃん。少食で今までいろんなドライフードにチャレンジしましたが、完食することなく悩んでおり『うまか』をトライ!
前のドッグフードと混ぜて食べてもらったところ、『うまか』だけを選り分けて食べてくれました。
今までで一番食いつきが良かったです。
ただ、高いので⭐︎マイナス一個です。
引用元:Amazon

愛犬に良いものを与えたいと思っていても、値段が高いと継続して購入するのは難しいですよね。

公式サイトの定期購入を利用すれば、単品で購入するよりもコストを抑えられるのでおすすめです。

2.通販サイトでしか取り扱っていない

UMAKA(うまか)は通販サイトのみで販売されている商品なので、ペットショップや薬局などでは購入できません。

「ドッグフードがなくなってしまって今すぐ手元に欲しい」という場合に、すぐに購入できないところは不便かもしれませんね。

普段からドッグフードの残量を確認しておき、計画的に購入する必要があります。

3.子犬や運動量の多いわんちゃんには向かない

UMAKA(うまか)低カロリー・低脂質なドッグフードなので、成長期の子犬や運動量が多いわんちゃんには向かないといえるでしょう。

与える場合は、追加でタンパク質が摂れるものをトッピングしたり、他のドッグフードと混ぜ合わせたりなどの工夫が必要です。

4.鶏肉・穀物アレルギーに注意が必要である

UMAKAは(うまか)は動物性タンパク源として鶏肉を使用しており、穀物も配合されています。

アレルギー症状を引き起こす可能性があるので、鶏肉・穀物アレルギーを持つわんちゃんには与えないようにしてください

UMAKAは値段が高い?口コミの実態を調べてみた

「UMAKA(うまか)は値段が高い」という口コミも見られましたが、実際はどうなのでしょうか?

公式サイトでのUMAKA(うまか)の通常価格は、5,478円(税込)/1.5kgです。

一般的なドッグフードの値段の平均は1.5kgあたりだと3,500円~4,000円ほどなので、それに比べるとUMAKA(うまか)の値段は高いといえます。

高品質な原材料を使用しているので、コストがかかってしまうのは仕方ないといえるでしょう。

それでは、UMAKA(うまか)はどこで購入すれば一番お得なのか、詳しく見ていきましょう。

【結論】UMAKA(うまか)ドッグフードは公式サイトでの購入がお得!

公式サイト、Amazon、楽天市場でのUMAKA(うまか)の値段を以下の表にまとめました。

公式サイト Amazon 楽天市場
通常価格 5,487円+935円(送料) 6,092円 7,561円
定期初回限定価格 3,278円+935円(送料)
定期価格(1個) 4,930円+935円(送料)
定期価格(2個) 4,382円+935円(送料)
定期価格(3個以上) 4,382円(送料無料)

※全て税込み価格で表記しています。

上の表を見て分かる通り、UMAKAうまかは公式サイトで定期購入するのが一番お得です。

特に初回価格がかなり安くなります。

定期購入の継続回数に縛りはなく、違約金も発生しないので、合わなければいつでも解約できるのも嬉しいポイントです。

また、単品購入の場合でも、2袋以上購入すれば5%OFFになる特典が用意されていますよ。

ただ、単品で1袋のみ購入する場合は、送料も含めるとAmazonよりは高くなってしまいます。

UMAKA(うまか)を安く購入したい方は、定期購入かまとめ買いを選択するようにしましょう。

\初回限定40%OFFの特別価格!/

うまかを最安で試す

UMAKA(うまか)の口コミやフードに関するよくある質問

最後に、UMAKA(うまか)の口コミやフードに関するよくある質問とその答えを5つ紹介します。

1.UMAKA(うまか)ドッグフードにお試しパックはある?

残念ながら、UMAKA(うまか)にはお試しパックやサンプル品はありません

安くお試ししたい場合は、公式サイトから定期購入の申し込みを行いましょう。初回は3,278円で購入できます。

定期購入に回数縛りはないので、1度注文して愛犬に合わないと感じれば、すぐに解約できます。違約金も発生しません。

2.UMAKA(うまか)ドッグフードの賞味期限や保存方法は?

UMAKA(うまか)の賞味期限は、開封前だと製造された日から1年です。

開封した場合は1ヶ月以内には消費するようにしましょう。

ドッグフードの劣化を防ぐために、高温多湿・直射日光は避け、涼しい場所で保存するようにしてください。特に夏場は注意が必要です。

酸化する原因になるので、袋の口はしっかりと閉じるようにしましょう。

3.UMAKA(うまか)ドッグフードを愛犬が食べないときの対処法は?

UMAKA(うまか)は添加物を使っておらず、鰹節の自然な風味を生かしたドッグフードなので、匂いが強い人工添加物を使ったドッグフードに慣れているわんちゃんは、興味を示してくれない可能性もあります。

その場合は、電子レンジやぬるま湯で温めてあげると良いでしょう。香りが強くなるので、わんちゃんの食欲も刺激されます。

それでも食べてくれない場合は、犬用のふりかけやウェットフードをトッピングする方法もおすすめです。

4.UMAKA(うまか)の給餌量は?

公式サイトで推奨されているUMAKA(うまか)の1日あたりの給餌量は以下の通りです。1日2食の場合、1回の食事で与えるドッグフードの量は、表に書かれている数値の半量になります。

体重 ~生後4ヶ月 生後4~9ヶ月 生後9~12ヶ月 成犬
1~3kg 60~137g 50~114g 40~91g 27~85g
4~6kg 170~230g 142~192g 113~153g 77~142g
7~9kg 258~312g 215~260g 172~208g 117~193g
10~12kg 338~387g 281~323g 225~258g 153~240g
13~15kg 411~458g 343~381g 274~305g 186~283g

ただ、上の表にある数値はあくまで目安です。犬によって運動量や基礎代謝量、吸収量なども違ってきます

こまめに愛犬の体重測定を行い、適正体重を維持できるように調整して与えるようにしましょう。

また、シニア期に入ったわんちゃんは、徐々に運動量や代謝量が減少していきます。

成犬時と同じように与えていると、肥満や消化不良の原因になるので、成犬時に与えていた量より20%〜30%減らして与えるようにしてください。

5.UMAKA(うまか)は涙やけに効果的なの?

UMAKA(うまか)は、涙やけへの効果が期待できるドッグフードです。

涙やけは、涙腺のトラブルや花粉症、アレルギーが原因となり起こる場合が多いですが、ドッグフードが原因になることもあります。

人工添加物や質の悪いタンパク質が使用されていると、老廃物が鼻涙管に詰まって涙やけにつながるのです。

UMAKA(うまか)は添加物を使用しておらず、タンパク源も質の高い九州産華味鳥を使用しているため、涙やけは起こりにくいといえるでしょう。

UMAKA(うまか)の口コミは良いものが多い!公式サイトで試してみよう

UMAKA(うまか)に寄せられた口コミや評判、メリット・デメリットについて詳しく解説しました。

UMAKA(うまか)は、高品質な原材料を使用し、丁寧に製造されたドッグフードです。値段は少し高めですが、「愛犬には良質なものだけを与えたい」と考えている飼い主さんにはぴったりのドッグフードだといえるでしょう。

UMAKA(うまか)の公式サイトからドッグフードを注文すれば、単品購入でも定期購入でもお得な特典が付きます。

UMAKA(うまか)に興味を持っている方は、ぜひ公式サイトから購入し、試してみてください。

\初回限定40%OFFの特別価格!/

うまかを最安で試す